女性建築士がママ目線・主婦の立場から考えた家づくりをご提案。長野県茅野市・諏訪・松本を中心に、県内全域ご対応

女性設計士のつくる家

電話 お問い合せメール

電話

【狭小地住宅建築に欠かせないもの】

今日も雪が降っているところが多いですね~。
茅野市は今年、びっくりするような大雪にはまだ、なってません。
普段の生活には程よい雪がありがたいです。

さて、そんな中、昨年夏から建築中でした、「ZEH対応住宅」がお引渡しになりました。
IMG_1645 IMG_1647IMG_1648

 

 

 

 

 

 

 

 

正規の玄関キーを差し込むと、工事中の鍵は使えなくなり、私たちの手からは完全に離れます。

お引渡しを前にご近所の皆様に最後のご挨拶に伺ったときでした。
建設地は、ご両親の家の裏側の土地で、そこへのアプローチは軽自動車がやっとの道路。
両側に塀とフェンスがあり、最後まで私は挑戦しませんでした(笑)。
「工事中、ほんとに大きな音や職人の話し声(なんでみんな地声があんな大声なのかな?(笑))など、
ご迷惑をおかけいたしました~」とご挨拶すると、
「よく頑張りましたね~お疲れ様でした。」とか、
「ステキな家ができましたね~」とか、
「大変だったでしょう~」とか
優しい言葉をかけていただきました。

クレーンや大型トラックの通路として庭先を提供していただいたお宅もあります。
そのお宅の協力がなければ、まだ工事が終わってなかったかもしれません。

それもこれもひとえに、ご両親のお人柄、普段のお付き合い、地域とのかかわり方なんだろうな~って
感じました。
そして、狭小地(道路)である、地元の方々の「おたがいさま」と感じて助け合っている土地柄なんだろうな~って、
感じました。若い人が地元に戻ってくる。暖かく見守る、受け入れる、歓迎する、そんな環境に、
この家づくりは支えられていました。

家自体の断熱はハード面からですが、家族の暖かさ、笑顔はそこに住む人、それから周りの人からも得られるものなんですね。

ワンズプラスのコンセプト「うれしい、楽しい、大好きな家」実感した家づくりでした。

    事例紹介, 家づくり, 新築| 

  関連記事

輸入住宅のコーディネート

    輸入住宅モデルルームのコーディネート、させていただきました。 コンセプト作りが右往左往して、大変でし >続きを読む

メディア掲載・収納のコツ

長野こまちでおなじみの「ナガノの家」に『すっきり片付く収納のコツ、教えます特集」で掲載していただきました。 階段下や、壁厚利用な >続きを読む

共通項は、女性建築士!

この素敵な(←自分で言っちゃう(笑))女子会の共通項は 「女性建築士」

no image
【窓の外で太陽をシャットアウト!】

昨日のブログ、【寒いのは我慢すればいいのよ】を読んで頂いて、 早速、「窓の外でシャットアウトって、すだれのことかしら?」ってコメ >続きを読む

ホール・インテリア・ディスプレイ

玄関ホールのディスプレイ棚 背面にタイルを貼り、ガラス棚を設置。 上部から光が下にガラスを通しておちます。 飾るときのコツは、配 >続きを読む

no image
家づくりは「妄想力」♡

暮らしカレッジ2回目開講しました。 「整理のきほん」 整理するってそもそも、どううことなのか、 片づけってめんどう? などなど、 >続きを読む

新築間取り

29坪+ロフト部屋に6人家族が生活。皆が集まるリビングには収納スペースを取らず、必要なものを 必要なところへ収納するという、収納 >続きを読む

被災建築物 応急危険度判定って知ってますか?

今日は所属している建築士会での講習会がありました。 「応急危険度判定実務講座」 地震などの災害が発生した時に、 建物がどんな状況 >続きを読む

仏壇のベストポジション

核家族化が進むと、仏壇ってどうしたらいいのか 難しいですよね。 最近の私が携わっている「コンパクトハウス」では、 なかなか仏壇の >続きを読む

街ゼミ開催しました♪

茅野市商工会議所主催の「まちゼミ」。 ワンズプラス開催は今夜が最終日でした。 「自分でできる、ステキな部屋の作り方  vol2」 >続きを読む

ワンズプラスは女性設計士がマンツーマンでご対応できる、住宅リフォーム設計・施工、整理術アドバイス、新築設計・建築の会社です。
建築ご対応可能エリア/松本市 塩尻市 諏訪市 岡谷市 茅野市 下諏訪市 富士見町 原村。設計は長野県全域対応しております。

【狭小地住宅建築に欠かせないもの】 女性建築士がママ目線・主婦の立場から考えた家づくりをご提案。長野県茅野市・諏訪・松本を中心に、県内全域ご対応

Copyright©ワンズプラス,2019 All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ